2016年4月3日日曜日

93回目の「石窯を使ったパンづくりのワークショップ」は5月21日(土)に開催します。

93回目の「石窯を使ったパンづくりのワークショップ」は
5月21日(土)に開催します。
今回、竹下先生の体調が完全ではなく、
大事を取って今回につきましても延期させていただくことになりました。
次回の期日が決まりましたら、また情報を掲載させていただきます。



今回も、小麦、石窯、炎に向き合い、
美味しい時間を共にできたらと思います。


私たちは、ここ静原で、
ずっと変わらず石窯でパンを焼いています。

石窯に薪をくべ、
小麦をひき、生地をこねパンを焼く。
毎回、文字にすると同じ行為ですが、
毎回ちがった発見、出会いがあります。

今回、またどんな方とご一緒できるか楽しみです。


10時開始ですが、早くお越しいただいた方には、
窯を一緒に焚いたり、ごゆっくりしてお過ごしください。

※京都バスの時刻表はこちらでご確認ください。
出町柳駅前発、34番系統「静原・城山行き」8時50分発がちょうど良いです。




DSC_0010

今回も薪を使い、石窯を熱して、
美味しい美味しいパンを焼きましょう!

DSC_0828

パンの原点、小麦のこと、食の原点をしっかり見据えます。
今回のワークショップでは、滋賀県日野産の古代小麦「ディンケル」を使いいます。

それでは、受付を開始いたします。

参加のお申し込みは、お一人ずつ申し込みメールをいただけますと幸いです。
ご家族の場合はまとめてお申し込み可能です。


DSC_0012

18名が定員です。

申し込みの際は、必ず「よくある質問」を
読んでいただいてからでお願いします。

8:50発のバスに乗ります。
(バスの時刻に間に合うように、余裕を持ってお出かけください)

バスの場合、だいたい9時45分までには到着します。
車で来られる方は10時に到着できるようにきてください。

そして、可能であれば石窯事務局からのメールを確認したら、
前日までに「届いた!」と返信をしていただけますと幸いです。
(まったく返事がないときは、届いているのかどうか不安になるので…)

DSC_0001



→携帯電話のメールアドレスで申し込まれる方にお願い
PCからのメールを拒否する設定になっている方はメールが届きません。
また、アドレスを一文字でも間違えると返事できません。
結構ありますのでみなさんお気をつけくださいね。



行き方をしっかりと把握しておいてくださいね。当日迷ったときは、MILLETまで電話連絡ください。
電話番号はこちらです。

TEL 075-888-0878

*これは申し込みの連絡先ではありません。申し込みは必ずメールでお願いします。
*特に車で迷われた方が連絡先をひかえなかった場合、迷う可能性があります。


申し込みの締切は前々日まででお願いします。
定員に達した際には、こちらのページで掲示いたします。

【前日、当日はメールをいただいても返事ができませんので直接ご連絡ください】

出町柳から城山に行く方法をオススメします。
ご自身に合ったルートで参加していただければと思います。

[:バス:]会場への行き方


■参加費は3,000円です。(お食事代込み)

バスのりば
叡山電鉄出町柳駅前のバス停
34番に乗ります。8時50分発のバスに乗ります。


解散時間
帰りのバスについてですが、
15:43 のバスがあります。
だいたい出町柳に45分後に到着します。
・京阪・阪急でお帰りの方は出町柳駅へ。
・JR・地下鉄でお帰りの方は北大路駅前で途中下車してください。

エプロンがあったほうが便利ですが、なくても大丈夫です。

静原。そこには日本の忘れられた風景があります。ではよろしくお願いしますー。

※参加希望はこちらの記事をお読みください。

☆管理人はすぐに返事できないこともありますので、気長にお待ちいただけるとありがたいです。

☆質問する場合は、下記のよくある質問を読んでからでお願いします。
(質問している間に申し込みがいっぱいになることもあります)

ひとつお知らせがあります。
このワークショップの生みの親、竹下先生の個人のウェブページが誕生しました!
http://www.roshinante.org/
竹下先生のご家族による作品です。
素敵な内容になっていますので、ぜひどうぞ御覧ください。

[→]→よくある質問
[→]→交通手段 バスの乗り方
[→]→車で直接参加する場合